さくらインターネットのWordPress引っ越しにおすすめ!「All-in-One WP Migration 」プラグイン

WordPressデータを別サーバーに引っ越すのって大変?

こうした悩みを「All-in-One WP Migration」という便利なプラグインで解決できるので紹介します!

今回紹介のプラグインを使う場合、元データが傷つかないので失敗してもやり直せるのが利点です。

1サイトの引っ越しになるのですが、「自分はマルチドメインでいくつもサイト持ってます!!」と言う方はさくらインターネットのバックアップ&ステージング機能が重宝しますよ。

さくらインターネットのバックアップ&ステージング機能(Snapup)について紹介

かつてwordpressの引っ越しでデータを飛ばした過去の自分に、この記事を教えてあげたい…

では、いきましょう!

All-in-One WP Migrationとは

無償で使える WordPressのプラグインです。(ファイルサイズ512MB以上だと有料プラン$59)。

サイトを運営していると、例えばサーバー容量を拡張したいときや、さくらインターネットのサーバープラン変更に伴ってサーバーを新規契約したときにWordpressデータの引っ越しが必要になります。

今まではコントールパネルからデータベースに入って、ファイルをいじったり、FTPソフト使ってファイル移動したり、と初めての作業の連続でだいたい失敗するんですよね。

そしてホームぺージが見れなくなってさらに混乱するという…私の実体験なんですけどね…苦笑

今回紹介する「All-in-One WP Migration」プラグインを使うととっても簡単、迅速に WordPress データの引っ越しができますのでぜひ参考にしてくださいね!

WordPressの引っ越しでやること

WordPressデータの引っ越しでやることをまとめます。

事前準備

  • WordPressが古い場合は、最新のバージョンにアップデートする
  • 「SiteGuard WP Plugin」プラグインを使用している場合は無効化しておく(All-in-One WP Migrationの動作不良を起こす可能性があるため)
  • WordPressにログインするユーザー名、パスワードを忘れないようメモしておく

「All-in-One WP Migration 」プラグインでデータエクスポート

WordPress のプラグイン新規追加画面を開き、「All-in-One WP Migration 」と入力します。

プラグインが出てくるのでインストールして、有効化します。

wordpress左のツールバーにAll-in-One WP Migrationがあるので、エクスポートをクリック。

エクスポート先からファイルを選択するとwordpressデータが出力されるのでダウンロードしましょう。

これで今のWordpressデータをzipファイルとしてまとめることができました!

さくらインターネットで新サーバーを契約する

移行先のさくらインターネットサーバーがまだない方は、さくらインターネットの公式サイトから新サーバーを用意しましょう。

ドメインをさくらインターネットの新サーバ側に設定する

さくらインターネットのコントロールパネルにログインします。

ドメイン/SSL画面から、対象のドメインの設定ボタン→「ドメインの削除」で削除します。

ドメインが削除できたら、つづいて移行先のさくらインターネットサーバーにログインしてドメインを追加します。

ドメイン追加できたら、SSLを設定しておきましょう!

ネームサーバーを変更する(※他社サーバ→さくらサーバの人だけ!)

他社サーバーからさくらインターネットに乗り換えるようでしたら、ドメインのネームサーバーを切り替える必要があります。

さくらインターネットからさくらインターネットの移動なら不要です。

下記にてネームサーバの変更方法を紹介しています!

移行先にWordpressをインストールする

移行先にドメインを追加したらWordpressをインストールします。

このあとデータは全てプラグインで上書き置換するので、テーマは標準のままでよいです。

「All-in-One WP Migration 」プラグインでファイルをインポート

「All-in-One WP Migration 」プラグインを追加します。

プラグイン追加方法が分からない場合はこちら(ページ上部に飛びます)

wordpress左のツールバーにAll-in-One WP Migrationがあるので、インポートをクリック。

インポート元→ファイルから先ほどエクスポートしたファイルを選択してインポートします。

容量制限でインポートできない場合

インポートしようとすると、ファイルサイズ超過でエラーが起こることがあります。

通常Wordpressはアップロード容量が32MBとなっていますので上限値を設定します。

ここからは間違えると厄介なので慎重に!

.htaccessファイルの編集

さくらインターネットのコントロールパネル→ファイルマネージャーをクリック

ファイルマネージャー画面が開くのでWordpressが入っているフォルダを開く

.htaccessファイルがあるので右クリック→編集で開く

下記の記述を# END SAKURA Internet Inc.のすぐ上に入れる

php_value upload_max_filesize 128M
php_value post_max_size 128M
php_value memory_limit 256M
php_value max_execution_time 300
php_value max_input_time 300

この例では128MBとしていますが、upload_max_filesize部分の数字を192MBでも256MBでもインポートできるサイズに適宜変更してください。

記述したら編集画面の右下にある「保存」ボタンをクリック

WordPressに戻って、再びAll-in-One WP Migrationのインポート画面を開きましょう。

ここで表示される「最大アップロードファイルサイズ」が変更されていれば問題なく設定できています!

ここまでくればあと少し!

インポートしようとすると注意画面が出るので、「開始」ボタンをクリック

完了後、サイトを見ると移行元サイトがそのまま表示されるはずです。

もしログイン画面が表示されたら、移行元の時に使っていたユーザー名とパスワードを入力します。

動作を一通り確認して、問題なければそのまま使い続けられますよ!

お疲れさまでした!

まとめ

「All-in-One WP Migration 」プラグインで、さくらインターネットサーバーへのWordpress引っ越しを簡単にすませちゃいましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました