さくらインターネットのレンタルサーバー機能を徹底解説します!

便利なものはあるかな?

こうした悩みを解決します。

無料SSL

全プラン対応

さくらインターネットのコントロールパネル内でSSL証明書を発行できます。

SSL証明書にも種類があり、Let’s encriptは無料、その他は有料となっています。

詳細は別記事をどうぞ。

》SAKURA RS WP SSLはサポート終了!いまは簡単にSSL化できるので紹介します

メールアドレス無制限

全プラン対応

これはこのままですね。

メールアドレスを無制限に作成できます。

マルチドメイン

全プラン対応

1つのサーバー内に複数のドメインを持たせることができます。

プランによって利用最大数が異なり、

ライトプラン:20個
スタンダード:200個
プレミアム:300個
ビジネス:400個
ビジネスプロ:500個
マネージドサーバー:無制限

です。

さくらぽけっと

全プラン対応

サーバーの余った容量をストレージとして使うことができます。

ウェブ上で非公開となっている(設定すれば公開可)ので、安心して利用することができるのがうれしいです。

さくらのぽけっとを使って、ライトプランをストレージとして使っている人もいます。

公式サイトから”さくらのぽけっと”にログインしてみる

リソースブースト

全プラン対応

テレビや芸能人、ニュースに取り上げてもらったりすると、アクセスが急増してエラーページ(503)を表示させることがあります。

こうした事態に役立つのがリソースブースト機能で、リソースブースト開始すると、開始日から2日間リソース供給量が増えて、アクセス急増してもエラーが起きなくなります。

予めアクセス集中の目途が立つ場合は設定しておきましょう。

公式サイトで”リソースブースト”設定方法を知る

コンテンツブースト

全プラン対応(条件有)

CDNサーバーにデータをキャッシュすることで、高速化を実現します。

プレミアムプラン以上だと標準付属しますが、ライト、スタンダードは月額1,100円のオプションサービスとなっています。

プラン詳細についてはこちら

》さくらサーバープランを比較して最適なプランを見つけよう!

目に見えて効果があるわけでもないので、お金払ってまでつけるほどの機能ではないと思います。

つまり、プレミアムプランは不要と言いたい…

WordPressインストール

スタンダードプラン以上

新コントールパネルになってからは簡単にWordpressをインストールできるようになってます。

公式サイトでWordpressインストール方法をまとめた動画を見る

バックアップ&ステージング

スタンダードプラン以上

サーバー内データをデータベースも含めてバックアップを取ります。

定期的にバックアップ実行でき、直近8回のバックアップが保存されます。

またバックアップデータをステージングサーバと呼ばれる非公開テスト環境にコピーして、テーマバージョンアップやプラグインアップデート対応後の動作確認ができます。

さらにステージングサーバデータを本番サーバーにそのままリリースできるのも魅力。

非常に便利なので、この機能はぜひ使ってほしいです!

公式サイトのバックアップ&ステージング説明を見る

Webフォント

スタンダードプラン以上

プラグインを設定することで、モリサワのWebフォントを33種類(2022年時点)使うことができます。

フォントによってサイトの雰囲気は大きく変わるので、用途に合ったWebフォントでリッチなサイト制作ができますよ。

公式サイトから現在使えるWebフォント一覧とデモを見る

複数人管理

ビジネスプラン以上

管理者がユーザーアカウントを追加できる機能です。

FTPによるファイル転送、メールの利用、SSHによるターミナルログインなど、アカウントによって権限を変更できます。

》アカウント種別と各ユーザ権限を知りたい

WebDAVファイル共有

マネージドサーバ限定

契約サーバー内に設けた共有フォルダにアクセスすることでデータ通信ができます。

機密情報など外部に漏れる心配がないので他社サービスを利用するのに抵抗がある方はこのプランが良いでしょう。

特定ユーザーからのアクセスのみを許可すれば、より安全な環境でファイルの送受信ができます。

大容量データの共有にも向いています。

さくらのマネージドサーバ

まとめ

さくらインターネット機能を紹介しました。

各プランの詳細はこちらをどうぞ

さくらサーバープランを比較して最適なプランを見つけよう!

公式サイトも参考になりますよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました