さくらのレンタルサーバ マネージドサーバプランを徹底解説します!

マネージドサーバプランにはどういう機能があるのかな?

こうした悩みを解決します。

マネージドサーバプランの特長

さくらインターネットのレンタルサーバーで最上位プランになります。

ビジネスプラン以下の機能に加えてWebDAVファイル共有機能を含めた全ての機能が使えます

機能一覧はこちら

サーバー容量は360GBから(HDDかSSDによって異なる)、ドメインは無制限、月額費用11,880円からとなっています。

他のプランはサーバー共有ですが、マネージドサーバーは1台のサーバーを占有して使うことができます。

サーバーを共有している場合、どこかで問題が起こるとそれに引きずられて影響を受けることがありますがマネージドサーバーの場合それが起こらないのはメリットです。

ベンチャーやスタートアップ企業など、会社でサーバーを確保したいというニーズに合うプランです。

WebDAVファイル共有機能

サーバーを1台占有できるので、アクセス許可ユーザーだけの共有フォルダを作り、リアルタイムにファイルの送受信ができます。

ビジネスプラン、ビジネスプロプランでもユーザーアカウントを作成してFTPでのファイル送受信はできますが、WebDAVの共有であればFTP接続しなくてもすぐ対応できるので何かと早く事を進めることができます。

ファイル共有(WebDAV)を利用する

費用

マネージドサーバーはHDDサーバーとSSDサーバーどちらかを選ぶことができます 

HDDサーバーの場合

初期費用49,500円、 月額費用11,880円からとなっており、サーバー容量は700GBです。

SSDサーバーの場合

初期費用60,500円、 月額費用17,820円からとなっており、サーバー容量は360GBです。

運用体制としてはどちらもRAID1+データバックアップ、24時間365日有人監視となっています。

さくらインターネットのプランでは大体2週間お試し無料ができるのですが、マネージドサーバーに関してはお試し期間なしで契約後直ちに費用が発生します。

サーバー占有の場合、ある程度容量が欲しいので、速さにこだわらないんだったら HDD サーバーの方がコスト面でも運用面でも秀でている気がします。 

サーバー構築は依頼すると1案件あたり20~30万円といったコストがかかるのに加えて、日々の運用管理に人件費もかかります。

マネージドサーバーだとサーバーインフラの構築、設定、保守運用すべてやってくれるので、とてもオトクです!

まとめ

マネージドサーバーはサーバー1台占有プラン

HDDサーバーとSSDサーバーを選べます

WebDAファイル共有でファイルの送受信が可能

コメント

タイトルとURLをコピーしました