さくらインターネットとエックスサーバーを比較したので紹介します!

自分に合うプランって何だろう?

この記事では、エックスサーバーの各プランについて紹介をしていきます。

利用状況に合わせてどのプランを選べばよいか分かるようになりますよ!

エックスサーバーには3つのプランがある

エックスサーバーはスタンダード・プレミアム・ビジネスの3つのプランが用意されています。

どのプランも機能は同じで、違うのはメモリリソースとSSDサーバー容量の2つだけです。

メモリリソースはさておき、サーバー容量はスタンダードが300GB、プレミアムが400GB、ビジネスが500GBです。

エックスサーバーはいつでもプラン変更できるので、始めるならとりあえずスタンダード一択ではないでしょうか。

さくらインターネットのビジネスプランの代替として良さそう

エックスサーバーはどのプランでも権限別のアカウントを作れます、その他の機能もさくらインターネットのビジネスプランと似た構成となっています。

参考:さくらインターネットのビジネスプランを徹底解説します!

それぞれ比較してみましょう。

項目さくらインターネット
(ビジネス)
エックスサーバー
(スタンダード)
月額費用2,122円~990円~
サーバー容量600GB300GB
表示速度
複数アカウント
サポート
安定性
公式さくらインターネット
ビジネスプラン公式
エックスサーバー
機能一覧公式

エックスサーバーのスタンダードプランは、さくらのビジネスプランの月額費用とサーバー容量を半分にして、表示速度は上がるけどサーバーの安定性や公式サポートの質が下がる感じです。

サーバーの安定性やサポートの質より月額費用を重視する場合は、さくらインターネットのビジネスプランよりエックスサーバーのスタンダードが候補に上がってきますね。

さくらのスタンダードプランと比較するのは微妙

さくらインターネットは遅いからエックスサーバーにしとけ、みたいなネットの評判をよく耳にしますが、2022年からは様子が変わっています。

2022年2月にさくらサーバーはHDD→SSDサーバーに刷新し、従来比5倍速を実現しています。

さくらの公式に表示速度の違いが分かるデモぺージがあるのでよければどうぞ。
》公式のデモページを見る

見てもらうと分かりますが、かなり早くなっています。体感でもはっきり違いが分かります。

なので、表示速度の差でエックスサーバーを検討している方は、まずさくらのスタンダードを試してみることをオススメしたいです。

月額費用は、さくらのスタンダードは425円から、エックスサーバーのスタンダードは990円から、となっていて約2.5倍も違います。

表示速度の違いが価格差として受け入れられるかは見てた方が良いと思います。

さくらは2週間無料で試すことができますから、使ってみて「さくらは遅い!」と感じたら再度エックスサーバーの利用を考えればいいんじゃないでしょうか。

さくらのレンタルサーバ スタンダード

まとめ

エックスサーバーはスタンダード・プレミアム・ビジネスの3つのプランが用意されている

どのプランも機能は同じで違うのは、メモリリソースとSSDサーバー容量の2つだけ

さくらインターネットのビジネスプランの代替として良さそう

さくらもSSDサーバー刷新で高速化したので、表示速度の違いですぐエックスサーバーにするのは

コメント

タイトルとURLをコピーしました